キャッシングの審査は勤務先を確認します

キャッシングの申し込みをする時、当然身分証明書などの審査を行いますが、提出された勤務先が本当かどうかの在籍確認を行います。
源泉徴収票を提出すればいいように感じますが、融資を申し込んだその時に在籍をしているかが重要で、以前は働いていても今は無職の可能性があるので電話等で在籍確認をして問題が無ければキャッシング契約を結ぶ、といった流れになります。
一般的には在籍確認は、その融資を申し込んだ方が会社に在籍しているかを調べるだけなので、キャッシングでの在籍確認という風には名乗らないので、勤務している会社の方に借り入れの事を知られる恐れは有りません。
後は金融の信用情報を確認して問題が無ければ審査に通る、という流れになります。
勤務先に電話で在籍確認されるのは少し嫌な気持ちもしますが、無担保で保証人なしでお金を借りるわけですから、ある程度個人情報を調べられるのは致し方ない部分といえます。
電話での在籍確認ぐらいでキャッシングが利用出来るので、気持ちよく確認してもらいましょう。